特急

先日、久しぶりに実家に帰るために特急に乗りました。特急に揺られていると、車掌さんが切符の確認に来ました。

車掌さんてすごいですよね。1度切符を確認すると、それ以降は、確認をしに来ないですからね。メモを取っている様子もないし(たぶん)。覚えるコツがあるんでしょうね。映像記憶というものがありますが、それなんでしょうか。もし、双子の人が同じ服を着てバラバラに座っていたら二人目には声はかけないのでしょうか。

そういえば、1度だけ同じ車掌さんに2度切符を確認されたことがありました。2回目はうろ覚えのような感じで聞かれ、さっき切符を見せたことを伝えると、行先を言い当てられました。やっぱりそんな人もいるんですね。

本日も皆様にとって良い一日になりますように。


人気ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村





近くの席の人

うちの会社は結構人数が多くて話したことが無い人もたくさんいます。特に、部署が違うと話す機会もほとんどありません。僕の斜め後ろに座っている上司もその一人で、名前は知っていますが話したことがありません。しかし、席が近いため、その人と他の人との話声はたまに聞こえます。話の内容を聞いていると、仕事が出来る人であることはよくわかります。

僕は、実はこれまでその人の横顔しか見たことがありませんでしたが、先日、初めて正面から顔を見ました。

目がめっちゃ離れてました。

↓こちらも宜しくお願い致します。


人気ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村




中途採用

今月からうちの会社に中途採用の人が来るのですが、なんと僕が以前勤めていた会社(A社)の同僚(Sさん)ということがわかりました。Sさんとは、僕がA社に入社した時、同時期に入社した人が他にも4人いたのですが、そのうちの一人がSさんでした。僕も含め5人は偶然にも歳が近く、また、境遇も似ていたためすぐに意気投合し、一緒に昼食に行ったり、たまに飲みにも行きました。初めのうちはみんな同じ業務に関わっていましたが、そのうちそれぞれが別の業務を担当するようになり、だんだんと話す機会が減っていきました。Sさんは僕たち5人の中では、その業界の経験が一番長く、僕たちより早く出世していきました。その後、会社の体制が激変する出来事があり、それがきっかけで僕ともう一人(Hさん)が退職し、僕は今の会社に入社しました。A社を退職してからもHさんとは時々飲みに行き、近況などを話しあっていましたが、その他の人たちとは連絡を取っていませんでした。Hさんの話では、僕たちが退職した後、Sさん以外の2人も個人的な理由で順番に退職していったという話や、僕たち5人が嫌っていた上司も辞めてしまったという話を聞きました。

先日、同業他社数社と合同打合せがあり、その中にA社が含まれていたため、懐かしい人に会えるのではと期待していましたが、結局来たのは全員知らない人たちでした。そんな中、中途採用の話があり、それがSさんだったため、久しぶりにあの頃を思い出し、うれしくなりました。

また、Sさんが入社したら再開エピソードなんかを報告したいと思います。もし僕のことを忘れていたら、その時は報告はやめときます(笑)。

↓こちらも宜しくお願い致します。


人気ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村





検尿

先日、体調が優れなかったので病院に検査に行きました。そこで検尿を取ったのですが、僕は検尿を取る時、いつもダウンタウンの笑ってはいけないシリーズを思い出します。いつ放送したやつか忘れましたが、病院の設定で、東幹久さんが溢れそうな検尿コップを持って歩いているシーンがあります(笑)。僕も満タンにしようと挑戦するのですが(笑)、いつも半分くらいしか溜まりません。しかし、その日は結構いっぱいまで溜めることが出来ました。それを置いてトイレを出ようとしたのですが、窓口が見当たりません。仕方なく、受け付けまで聞きに行くと、始めに検尿コップを渡されたカウンターの後ろにトイレがあるらしく、そこの出口横に提出窓口があるとのことでした。結構いっぱいまで入った検尿コップを持ってあっち行ったりこっち行ったり、本当に東幹久状態になってしまいました。ちなみに検査の結果は異状はありませんでした。

↓こちらも宜しくお願い致します。


人気ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村




メモ

僕は仕事中、重要なことはいつもメモを取ります。しかし、忙しくてメモ出来ない状況の時もあり、そんな時は頭の片隅に置いておき、手が空いた時にメモします。文章に残すことが出来たことから来る安心感なのか、メモした途端に頭の片隅から無くなります。かといって忘れてしまったわけではないのですが、まさに頭の片隅からは無くなるような感覚です。

このブログでは、たまに思い出を書いていますが、文章に残したことで、その記憶が頭の片隅から無くなっているような気がします。以前は、印象に残っている思い出は、いつもふとした瞬間に蘇っていましたが、このブログに書いて以降、ふとした瞬間に浮かぶことが無くなりました。なんだか、思い出を文章にすると記憶が薄れてしまうような気がします。
でも、一般的に勉強する時、ノートに書いて覚えますよね。書くことで記憶出来るはずなのになぜなのでしょうか。

しかし違う考え方をすれば、忘れたい記憶は文章にすれば良いのではないでしょうか。辛いことなどは文章にして記録すれば、記憶から薄れさせてしまうことが出来るんじゃないか。そんなことを考えていると、僕には忘れたくなるほど嫌な記憶が無いことに気付きました。僕は幸せな人間なんだろうなあ。

↓こちらも宜しくお願い致します。


人気ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村





昼休み

僕の会社の向かいのオフィスビルに大きな社員食堂があるのですが、僕は昼休みになるといつもそこで昼食をとります。社員食堂と言っても、そのビルの社員以外でも食べて良いため、うちの会社からもたくさんの人が来ています。安くておいしいため、結構気に入っています。

そこで昼食を済ませた後は、僕はきまってそのビルの2階に行きます。なぜかと言うと、2階に1人掛け用のソファーがたくさん並んでいるスペースがあり、そこで昼休みが終わるギリギリまで昼寝をしたいからです。1階ロビーにもソファースペースがあるのですが、このきせつはまだ結構寒いんです。1階で昼寝している人もいますが、コートを被って寝ています。しかし、2階のソファースペースは暖房が効いていて快適です。その為、昼食を済ませて2階に行くと、いつもソファーは埋まっています。でも、しばらくすると、空くことがある為、僕は近くで携帯をいじりながらそのチャンスを伺っています。

先日も、2階に行くとソファーが埋まっていたので、近くで様子を伺っていると、1人立ち上がりました。しかし、すぐにソファーに座りに行くと、ソファーが空くのを待っていたことを周りに悟られそうな気がしたため、一息おいてからソファーに座ろうと思っていると、横のエスカレーターから上がってきたおばさんに席を取られました。仕方がないので、次のチャンスを伺っていると、また一人立ち上がりました。同じ失敗を繰り返すわけにはいかないので、今度はすかさずソファーに向かうと、さっきから横で携帯をいじっていたおじさんもソファーに向かって歩き始めました。まずいと思い、僕は歩くスピードを上げると、おじさんは諦めました。無事ソファーを確保できましたが、少し大人げなかったかな、と反省しました。そうしていると、また一人ソファーから立ち上がりました。その瞬間、さっきのおじさんが走ってソファーに向かいました。ソファーに座ったおじさんが顔を上げた瞬間、僕と目が合いました。おじさんは恥ずかしそうにしていました。

↓こちらも宜しくお願い致します。


人気ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村





エスカレーター

エスカレーターって、立ち止って乗る人は左側、歩きたいひとは右側と暗黙の了解で決まっていますよね。それが大阪は逆なんです。立ち止まる人は右側で歩く人は左側なんです。

何故なのか気になり調べてみると、始まりは1967年当時の阪急電鉄でのアナウンスだそうです。日本では右利きの人が多く、立ち止まって右の手摺りに掴まる人が多かったことからそんなアナウンスが始まったそうです。しかし、右手が不自由な人は左手で捕まらないといけないという意見が出たため、アナウンスは無くなったそうですが、それ以来、大阪では自然と立ち止まる人は右側、歩く人は左側になったそうです。

ちなみに僕は京都駅を良く利用するのですが、他のエスカレーターは全国標準なのに大阪方面に向かうエスカレーターだけは大阪方式です。

↓こちらも宜しくお願い致します。


人気ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村





休日

こんにちは。たまごです。今日は、一週間ぶりの休みです。休みの日はいつも午前中は歯医者に通っています。この歯医者には恐らく10年くらい通っています。やっぱり歯医者と散髪屋は通いなれたところが良いなって思います。だって、通いなれたところのほうが安心できるじゃないですか。

 安心といえば、先日買った新しい自転車。やっぱり新しい自転車はしっかりしていますね(当たり前ですけどね 笑)。今まで乗っていた自転車は、前輪のスポークが歪んでいました。いつも停めている、時間制で料金が発生する駐輪場で、ある日いつものように自転車を取りに行ったら、前輪のスポークが歪んでいました。恐らく、隣に停めていた人が、自分の自転車のハンドルが僕の自転車に引っかかった等の理由で、外すために僕の自転車を横から強引に押したんじゃないかな?それからというもの、右カーブが怖い怖い。タイヤが歪んでいるから右カーブでハンドルがグワングワンするんです(わかるかな?)。やっぱり不安を感じる乗り物に乗り続けちゃダメですね。だから、昨日買った自転車は良いなーって思います。だって、普通なんです(当たり前か)。

やっぱり普通って、いいですね(しみじみ)。

↓こちらも宜しくお願い致します。


人気ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村




ドキュメンタリー番組

僕はよく外国のドキュメンタリー番組を観ます。今日もイタリアの田舎町に暮らす一般家庭に密着した番組を観ていました。その番組は、小学生の息子二人を女手一つで育てている奥さんを取材していました。

その家庭には、大昔から代々伝わる、薬草とおまじないを使った独自の施術があり、その奥さんは施術の後継者だそうです。よく町の人達が彼女に施術を頼みに来るそうで、その日も、ある女性から手のイボを見て欲しいと頼まれ、おまじないをした後、「もう大丈夫よ」と伝えていました。何が大丈夫なのかわかりませんが、大丈夫なんだそうです。一見インチキ商売のように見えますが、施術費用は貰わないそうです。お金を貰うと効果が無くなるんだとか。

別の日、今度は男性が訪ねて来ました。その人は、酷い痔に悩まされ病院に行っても治らないとのことでした。奥さんは、おまじないを唱えながら野イチゴの葉っぱを摘み、男性に渡しました。その葉っぱで患部を撫でると治るとのことで、2日分渡していました。凄いですね。病院でも治らない重度の痔が、2日間野イチゴの葉っぱで撫でると治るそうです。やはりその日も施術費用は貰いませんでした。僕としては、帰りに高いグッズを買わされるとかオチが欲しかったです。ちなみに痔が治ったかどうかは言っていませんでした。

↓こちらも宜しくお願い致します。


人気ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

セカイモン

fits収納

プリティウーマン

皆さんは『プリティウーマン』という映画をご存知でしょうか。リチャードギアとジュリアロバーツが出演している結構昔の映画です。僕は子供の頃に初めて見ました。

当時の感想は、ハッピーエンドで良かったなあ、という感じでした。先日、久しぶりに見る機会があったのですが、子供の頃とは違う印象を受けました。ホテルの支配人が凄くいいんです。子供の頃には特に気にしていなかった人物なのに、今見ると、登場人物の中で一番かっこよく見えました。粋な計らいをするんです。ある時はジュリアロバーツの助けになり、またある時は気を利かせてみたり。

彼がいたからこそハッピーエンドになったんだと思います。やっぱさりげない親切って、素敵やん。

↓こちらも宜しくお願い致します。


人気ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村